薬機・景表法広告表現監修に役立つ知識とECサイト制作・運営で必要な知識をまとめたサイト。

リードナーチャリングとは?

リードナーチャリングとは?

リードナーチャリングとは、潜在顧客を顕在顧客へとステップアップさせて、購入へとつなげるマーケティング活動のことです。

リードナーチャリングで大事なのは有効接触回数

リードナーチャリングで大事なのは、有効接触回数です。
有効接触回数を増やすためには、どうしたらいいでしょうか?

サービスを覚えてもらう

有効接触回数を増やすためには、リードジェネレーションで掘り起こしたユーザーにサービスの価値を知ってもらう必要があります。

サービスを知ったユーザーは、興味関心が沸くためサービスについてさらに詳しく知りたいと思います。
そこで、有効接触回数を増やすために
・リスティング広告
・コンテンツマーケティング
・SNS
・メルマガ
などでさらに詳細情報へと導線を引くのが有効な手段とされています。

商品・サービスの購入にはタイミングが重要

商品・サービスの購入につなげるためには、欲しいタイミングで欲しいサービスを提案することがとても大切です。
したがって、有効接触回数を増やすには、レコメンド機能やリタゲを有効に活用すると良いでしょう。

リードナーチャリングのゴール

リードナーチャリングのゴールは、「申込み・購入」です。
ただ、どんな手段を使ってでも目的を達成するというのは好ましくなく、顧客と信頼関係を構築しながら、納得して購入頂く仕組みが必要です。
強引なセールスは、クレームにもつながりかねません。

最近のユーザーはITリテラシーも高いため、デメリットも理解した上で購入する傾向が高くなってきました。
したがって、信頼性の高い情報を配信することを心掛け、メリットだけでなくデメリットも配信すべきでしょう。

まとめ

・リードナーチャリングとは、潜在顧客を顕在顧客にして購入につなげる活動
・リードナーチャリングのゴールは、「申込み・購入」
・信頼性の高い情報を配信することを心掛け、メリットだけでなくデメリットも配信すべき

関連記事

【無料】『薬事・景表法広告監修』教科書

『薬事・景表法広告監修』教科書を無料配布。
詳しくはこちら

カレンダー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

薬機・景表法チェックコンサルティング