薬機・景表法広告表現監修に役立つ知識とECサイト制作・運営で必要な知識をまとめたサイト。

リーンスタートアップとは?

awc_20161021

みなさまこんにちは。
高橋です。

今回は、リーンスタートアップについて学んでいきたいと思います。

リーンスタートアップとは?

リーンスタートアップとは、事業やサービスを立ち上げる時に最小構成で素早くローンチさせるための手法のことです。
リーンスタートアップはエリック・リース(Eric Ries)により2011年にはじめて提唱されました。
なおリーンスタートアップの「リーン」(lean)には「余分な肉がなく細い」といった意味があります。

リーンスタートアップには重要な要素がある

リーンスタートアップで重要なことは、とにかくミニマムスタートを心掛けることです。
ビジネス要件はギリギリまで絞ることが大切です。

PDCAを高速で回す

企画→実行→振り返り→改善を2週間単位くらいで回転させると良いと思います。
高速PDCAを実施していると、A/Bテストなどを実施しなくても成長させられそうなポイントが見えてきます。

レバレッジを意識する

レバレッジとは、原義は「てこ(レバー、lever)の作用」。
レバレッジを意識して常にサービスを俯瞰すると、どこを優先してカイゼンを行えば効率的に成長させられるか感覚的に分かってくると思います。

アジャイル開発とリーンスタートアップの違い

・ アジャイルは製品開発手法
・ リーンスタートアップはビジネス開発手法
という点で違いがあります。

関連記事

【無料】『薬事・景表法広告監修』教科書

『薬事・景表法広告監修』教科書を無料配布。
詳しくはこちら

カレンダー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

薬機・景表法チェックコンサルティング