薬機・景表法広告表現監修に役立つ知識とECサイト制作・運営で必要な知識をまとめたサイト。

WEB制作で注意すべき著作権とは?

sq_20160511
みなさまこんにちは
WEBディレクター、高橋です。

サイト制作や、メディア制作で良い写真や文章を使いたい時ってありますよね。

私も常に使える素材を探しています。

勝手に写真素材や文章を使うと著作権違反となる可能性があります。

そこで、今回は著作権法についてお話させて戴きます。

著作権法とは?

著作権法とは、著作物並びに実演、レコード、放送及び有線放送に関し著作者の権利及びこれに隣接する権利を定め、これらの文化的所産の公正な利用に留意しつつ、著作者等の権利の保護を図り、もつて文化の発展に寄与することを目的とした法律です。
著作権法

WEB制作では写真、文章が必要になる

WEB制作にあたっては写真、文章が必要になりますよね。
そこで、「他のサイトに掲載されてる、この写真使えるかな?」って一度は気になったことがあるはず。
原則、他のサイトに掲載されている写真は勝手に使えないと覚えておいたほうがいいです。
もし、使いたい場合は著作権者に許諾を取りましょう。

著作権法に抵触すると?

損害賠償及び著作権者のものであることを適切に回復させる措置が必要になる場合があります(著作権法第105条及び第8章罰則を参照してください。)

まとめ

安易に写真を流用する、文章をコピーして使うことは絶対ダメです。

チェックポイント
写真は購入するか、または利用可能かしっかりチェックする。
写真の利用に際しては、著作権者に許諾を取る。
文章が他の文献及び他サイトのコピーでないかチェックする。

以上のことに注意して、サイト制作を進めてくださいね。

ためになったら、拡散をお願いします。

関連記事

【無料】『薬事・景表法広告監修』教科書

『薬事・景表法広告監修』教科書を無料配布。
詳しくはこちら

カレンダー

2020年1月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

薬機・景表法チェックコンサルティング