薬機・景表法広告表現監修に役立つ知識とECサイト制作・運営で必要な知識をまとめたサイト。

アフィリエイトサイトは薬機(旧薬事)法対応しなくて良いの?

みなさまこんにちは。
高橋聡です。

アフィリエイトサイトは薬機(旧薬事)法対応しなくて良いの?
残念ながら、アフィリエイトサイトでも薬機(旧薬事)法対応が必要です。

第六十六条(誇大広告等)
何人も、医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器又は再生医療等製品の名称、製造方法、効能、効果又は性能に関して、明示的であると暗示的であるとを問わず、虚偽又は誇大な記事を広告し、記述し、又は流布してはならない。

と規定されているためです。

もし薬事法対応を行わない場合、担当行政庁(厚生労働省や市区町村の保健所)からコンテンツの削除を求められる場合があります

事実、アフィリエイトサイトを運営している方宛てに行政からコンテンツの削除依頼が届いた事例がありますので、アフィリエイトサイトを運営されている場合は十分注意してください。

[PR]「あれ?この表現大丈夫?」と思ったら・・・
薬事・景表法チェックのお問い合わせはこちら
https://artworksconsulting.com/yakukihou/

関連記事

【無料】『薬事・景表法広告監修』教科書

『薬事・景表法広告監修』教科書を無料配布。
詳しくはこちら

カレンダー

2020年4月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

薬機・景表法チェックコンサルティング