デジタルマーケティング

リードナーチャリングとは?

投稿日:2016年12月19日 更新日:

リードナーチャリングとは?

リードナーチャリングとは、潜在顧客を顕在顧客へとステップアップさせて、購入へとつなげるマーケティング活動のことです。

リードナーチャリングで大事なのは有効接触回数

リードナーチャリングで大事なのは、有効接触回数です。
有効接触回数を増やすためには、どうしたらいいでしょうか?

サービスを覚えてもらう

有効接触回数を増やすためには、リードジェネレーションで掘り起こしたユーザーにサービスの価値を知ってもらう必要があります。

サービスを知ったユーザーは、興味関心が沸くためサービスについてさらに詳しく知りたいと思います。
そこで、有効接触回数を増やすために
・リスティング広告
・コンテンツマーケティング
・SNS
・メルマガ
などでさらに詳細情報へと導線を引くのが有効な手段とされています。

商品・サービスの購入にはタイミングが重要

商品・サービスの購入につなげるためには、欲しいタイミングで欲しいサービスを提案することがとても大切です。
したがって、有効接触回数を増やすには、レコメンド機能やリタゲを有効に活用すると良いでしょう。

リードナーチャリングのゴール

リードナーチャリングのゴールは、「申込み・購入」です。
ただ、どんな手段を使ってでも目的を達成するというのは好ましくなく、顧客と信頼関係を構築しながら、納得して購入頂く仕組みが必要です。
強引なセールスは、クレームにもつながりかねません。

最近のユーザーはITリテラシーも高いため、デメリットも理解した上で購入する傾向が高くなってきました。
したがって、信頼性の高い情報を配信することを心掛け、メリットだけでなくデメリットも配信すべきでしょう。

まとめ

・リードナーチャリングとは、潜在顧客を顕在顧客にして購入につなげる活動
・リードナーチャリングのゴールは、「申込み・購入」
・信頼性の高い情報を配信することを心掛け、メリットだけでなくデメリットも配信すべき

The following two tabs change content below.
美容医療業界を中心に、ネットからの来客数(EC、リアル店舗)・採用数を増やすデジタルプロモーションを担当。 法学部出身で業法対応(薬機法・景表法)のプロフェッショナリスト。 手がけたWEBディレクション数は350サイトを超える。 現行サイトを鋭く分析し、的確なUI/UX改善でグロースハックさせてきた。 コミュニケーション力に定評があり、小規模案件から大規模案件まで幅広く対応。 スクーで登壇実績あり。

最新記事 by Satoshi Takahashi (全て見る)

-デジタルマーケティング

執筆者:

関連記事

IoTとは?

IoTとは? IoT(Internet of Things)とは、スマートフォンやパソコンだけでなく、例えば家電などがインターネットと常時接続され相互通信や遠隔操作を行うことです。 これからの社会はI …

キーワードプランナー(KeywordPlanner)とは?

キーワードプランナーとは? キーワードプランナーとはGoogleへの広告出稿を管理するための管理ツールGoogle Adwors(アドワーズ)の機能の一つです。 キーワードプランナーは広告出稿の際に参 …

インフィード広告とは?

インフィード広告とは、Webサイトやアプリのコンテンツとコンテンツの間に表示される広告のことです。 こんなイメージで。 (参考:http://www.yahoo.co.jp/) インフィード広告は記事 …

Facebook(フェイスブック)広告とは?

Facebook(フェイスブック)広告とは Facebook(フェイスブック)広告とは、Facebook(フェイスブック)広告上で掲載できる広告のことです。 Facebook(フェイスブック)広告は国 …

デジタルマーケティング/Webマーケティングとは?

デジタルマーケティング/Webマーケティングとは? デジタルマーケティング/Webマーケティングとは、戦略、プロモーション方法を検討・実施し、WEB上で商品・サービスの価値を効果的に顧客に伝える活動の …