デジタルマーケティング

リタゲ(リターゲティング)広告とは?

投稿日:2016年10月4日 更新日:

リタゲ(リターゲティング)広告とは?

リタゲ広告とは、リターゲティング広告の略称のことで、特定のWEBサイトに訪問したユーザーを追跡して、訪問したユーザーと親和性の高い広告を表示させる仕組みのことです。

Cookie(クッキー)と呼ばれるパソコンに保存された情報を元に、他のサイトに訪問した際にも親和性の高い広告を表示させることができるのです。

この仕組みを使って、ユーザーが欲しい時に、欲しいタイミングで広告が表示されていることで商品・サービスの購入させることができます。

ちなみに、
Yahooリスティングの場合、リターゲティング広告
Google Adwordsの場合、リマーケティング広告
と言いますので覚えておいてくださいね。

なぜ、リターゲティング(リタゲ)広告が注目されるのか

なぜ、リターゲティング(リタゲ)広告が注目されるのかというと、リタゲの仕組みができるまではユーザー属性に合わせた広告を表示させることができないため、経験や勘を頼りに沢山の媒体に広告を数打ちする必要がありました。

リタゲができるようになったことで、ユーザー属性に合わせた商品・サービスをピンポイントで提案できるようになりました。
そして、ユーザーにとっても知りたい情報が提供され、また、企業側にとっても商品・サービスを求めているユーザーに提案できることとなりより便利な社会となったといえるでしょう。

リタゲを始める際に注意するポイントとは?

特に、YahooとGoogleで広告の配信先が異なる点に注目してYahooリスティングを活用するか、Google Adwordsを活用するか選択すると良いかと思います。

『初心者でもわかるリターゲティング広告の永久保存版!初期設定から活用まで全て紹介』(https://webkikaku.co.jp/blog/ppc/retargeting/)を参考にしてはいかがでしょうか。
よく纏められていると思います。

まとめ

・ リタゲとは、リターゲティング広告のこと
・ Yahooリスティングの場合、リターゲティング広告、Google Adwordsの場合、リマーケティング広告と呼ばれている。
・ YahooリスティングとGoogle Adwordsで広告の配信先が異なるので商品・サービスによって使い分けるべし

The following two tabs change content below.
デジタルマーケティングプロフェッショナル。 美容医療業界を中心に、ネットからの来客数(EC、リアル店舗)・採用数を増やすデジタルプロモーションを担当。 法学部出身で業法対応(薬機法・景表法)のプロフェッショナリスト。 手がけたWEBディレクション数は350サイトを超える。 現行サイトを鋭く分析し、的確なUI/UX改善でグロースハックさせてきた。 コミュニケーション力に定評があり、小規模案件から大規模案件まで幅広く対応。 スクーで登壇実績あり。

-デジタルマーケティング
-, ,

執筆者:

関連記事

リワード広告とは?

リワード広告とは リワード広告とは、アクセスしたユーザーに一定の報酬を与える広告のことです。 リワード広告を行うと、App StoreやGooglePlayでランキングを簡単に上げることができます。 …

デジタルマーケティング/Webマーケティングとは?

デジタルマーケティング/Webマーケティングとは? デジタルマーケティング/Webマーケティングとは、戦略、プロモーション方法を検討・実施し、WEB上で商品・サービスの価値を効果的に顧客に伝える活動の …

運用型広告とは

こんにちは。 高橋聡です。 本日は運用型広告についてあなた一緒に学んでいきたいと思います。 運用型広告とは 『運用型広告』とは、リスティング広告やディスプレイ広告、リターゲティング広告など流動的に広告 …

Facebook(フェイスブック)広告とは?

Facebook(フェイスブック)広告とは Facebook(フェイスブック)広告とは、Facebook(フェイスブック)広告上で掲載できる広告のことです。 Facebook(フェイスブック)広告は国 …

インフィード広告とは?

インフィード広告とは、Webサイトやアプリのコンテンツとコンテンツの間に表示される広告のことです。 こんなイメージで。 (参考:http://www.yahoo.co.jp/) インフィード広告は記事 …