ニュース・ブログ

上手にプレゼンをするコツ

投稿日:2016年5月4日 更新日:

14814240
みなさまこんにちは。
WEBディレクター、高橋です。

みなさまは、プレゼンは得意ですか?苦手ですか?

新人の頃の私は、プレゼンの時に緊張して声がワントーン高くなってしまった
何をどこまで話したか忘れちゃうことさえありました。

「何を言っているか分からない。」
と言われて、途中でストップさせられたことも。。

そんな苦い経験を経て掴んだ
上手にプレゼンをするコツを今回ご紹介できればと思います。

プレゼンでは結論を冒頭に持ってくる

プレゼンでは伝えたい結論を冒頭に持って行きましょう。

なぜ冒頭なのか?

それは、話を最後までしっかり聞いてくれる人は3割にも満たないからです。

伝わらなければプレゼンは失敗です。

そのため、伝えたい結論を冒頭に持って行きましょう。

具体的な話し方としては「今回の重要なポイントは3つです。1つめは◯◯◯です。なぜ、◯◯◯なのか?それは◯◯◯だからです。詳しく説明しますと・・・」のようなストーリーがいいと思います。

校長先生の話はつまらない

校長先生のお話は、今振り返るととても貴重なお話をしてくださっていたのだと理解できます。

しかし、当時の私は校長先生のありがたいお話を正直つまらなく感じていました。

なぜ、校長先生のお話はつまらなく感じてしまったのか?

これは、ポイントを絞りきれていなかったからだと思います。

では、ポイントを絞って話すためにはどのようにしたら良いでしょう?

ポイントを絞って話せるようになるためには、練習とリハーサルをしっかり行うべきだと思います。

私の場合ですが、話す内容については、暗記して、時間を計測して時間内に話が終われるように何度も、何度も練習を重ねます。
さらに本番さながらのリハーサルを最低3回以上行ってから本番に臨んでいます。
リハーサルのうち1回は動画で撮影し、自分の動作、発言をチェックしています。

3つを超えるとオーディエンスは覚えられない

3つ以上のポイントを説明すると、オーディエンスは1つめのポイントが何か忘れてしまいます。

ついでに、スピーカーさえも1つめのポイントが何か忘れてしまいます。

(今、自分は何の話をしているんだっけ?ってなった経験ありませんか?)

人間は3つ以上のことを覚えるのは難しいと言われています。
そのため、プレゼンで話すときはポイントを3つに絞るのが妥当かと思います。

まとめ

・重要ポイントは冒頭に持っていく。
・リハーサルを入念に行う。
・3つに絞ってストーリーを作る。

偉そうなことは言えませんが、参考になったらシェアお願いします。

The following two tabs change content below.
デジタルマーケティングプロフェッショナル。 美容医療業界を中心に、ネットからの来客数(EC、リアル店舗)・採用数を増やすデジタルプロモーションを担当。 法学部出身で業法対応(薬機法・景表法)のプロフェッショナリスト。 手がけたWEBディレクション数は350サイトを超える。 現行サイトを鋭く分析し、的確なUI/UX改善でグロースハックさせてきた。 コミュニケーション力に定評があり、小規模案件から大規模案件まで幅広く対応。 スクーで登壇実績あり。

-ニュース・ブログ
-,

執筆者:

関連記事

スタートアップではこれを導入すべし。これが鉄板ツールだ。

弊社は2010年設立ですが、スタートアップの頃何を導入しようか迷った経験があります。 その頃と今とでは導入すべきツールは変わってしまいましたが、2015年版としてご紹介します。 とりあえずこれは導入す …

【告知】【特別講演】AI & MAでどう変わる?Webとデジタルマーケの設計と未来

みなさまこんにちは。 WEBディレクター、高橋です。 今回は、講演の告知です。 私は特別講演の統括なので登壇はしませんが 当日会場にいますのでぜひ会いに来てくださいね。 【特別講演】AI & …

ネットで売り上げをアップさせる方法とは?

みなさまこんにちは。 WEBディレクター、高橋です。 ネットで売り上げをアップさせたい! っておっしゃるお客様のニーズに応えられるよう、日々研究を重ねてます。 楽して売り上げを上げる方法を教えて欲しい …

広告予算の上手な使い方

みなさまこんにちは。 WEBディレクター、高橋です。 4月に予算会議を予定している企業、多いですよね? 予算会議に向けてマーケ担当者もウェブ担当者も 「他社はどの位予算確保しているのかなー。」って気に …

制作・開発フェーズ進行管理のポイント

WEBディレクターには制作・開発工程の進行管理業務がありますよね。 まず、開発担当のエンジニアさんの名称と役割について。 次に、各工程でのエンジニアさんとのコミュニケーション内容について。 最後に、制 …