ライブラリ

リワード広告って何?良いの?悪いの?

投稿日:2016年2月10日 更新日:

57666c3cb253f42fbf15e7ab24b54a29_s
リワード広告とは、アクセスしたユーザーに一定の報酬を与える広告のことです。

リワード広告を行うと、App StoreやGooglePlayでランキングを簡単に上げることができます。
なぜなら、ダウンロードするだけで一定の報酬を受けることができるため、小遣い稼ぎでダウンロードするユーザーが後を絶ちません。
そのため、リワード広告を行うとダウンロード数でランキングを決めているApp StoreやGooglePlayで上位に表示されてしまうのです。

リワード広告は原則禁止

リワード広告は原則App StoreやGooglePlayで禁止されています。
しかし、アプリ制作会社としては、App StoreやGooglePlayで上位に表示されないと死活問題。
そのためリワード広告を行わないとランキング上位から転落してしまい、売上が上がらなくなってしまうという葛藤があるのもまた事実です。

実際に、minneはリワード広告を止めて、赤字になってしまいました。
(参考:http://app.tokyo/2016/02/09/6172/

リワード広告の功罪

リワード広告は、広告費を多く捻出できる企業に有利で、ランキング操作が可能なマーケティング手法です。
WEBディレクターとしたら、どんな手段を使ってでもアプリを広めたい!と思うマーケッターの心情が痛いほどわかります。
リワード広告を行えば、ランキング上位に表示されてダウンロード数が伸びるのですから。
そのマーケッターの思いを叶えるリワード広告はアンフェアな方法である・・・これまた難しい問題ですね。

現状App StoreやGooglePlayがフェアなランキングとは言えない状況であるのは事実です。
例えば、ランキングをダウンロード数だけで決めないような評価方法の改善策、ランキング上位に広告枠を設置するなどの対応が今後求められるかもしれませんね。

【PR】コンテンツマーケティングのアートワークスコンサルティング

スライド2

コンテンツマーケティングのメリット

コンテンツマーケティングの大きなメリットは3つあります。
・認知度向上
・新規顧客獲得
・既存顧客のファン化

認知度向上

コンテンツマーケティングを実施することで、認知度向上を図ることができます。

新規顧客獲得

ためになる記事を読んだユーザーが新規顧客へと繋がる確率を高めます。

既存顧客のファン化

既存顧客へのフォローは欠かせません。
ためになる記事を定期的に配信することで顧客満足度向上に貢献することができます。

これからコンテンツマーケティングを実施したい、または始めているが運用を代行して欲しいとお考えの方はどうぞお気軽にご連絡下さい。

The following two tabs change content below.
デジタルマーケティングプロフェッショナル。 美容医療業界を中心に、ネットからの来客数(EC、リアル店舗)・採用数を増やすデジタルプロモーションを担当。 法学部出身で業法対応(薬機法・景表法)のプロフェッショナリスト。 手がけたWEBディレクション数は350サイトを超える。 現行サイトを鋭く分析し、的確なUI/UX改善でグロースハックさせてきた。 コミュニケーション力に定評があり、小規模案件から大規模案件まで幅広く対応。 スクーで登壇実績あり。





-ライブラリ
-

執筆者:

関連記事

ネタばらします。無料写真素材が手に入るVisual Huntがスゲェ

こんにちは。 WEBディレクター 高橋です。 WEBの制作していると写真素材の調達に困りませんか? ちょくちょく私も利用させて頂いている、無料で写真素材を取得できるサイトを今回ご紹介させていただきます …

Syncについて取材を受けました

こんにちは。 WEBディレクター、高橋です。 Wantedly社からSyncについて取材を受けました。 Syncはとても便利なビジネスチャットツールです。 今回はSyncについて特集させて頂きます。 …

上手にプレゼンをするコツ

みなさまこんにちは。 WEBディレクター、高橋です。 みなさまは、プレゼンは得意ですか?苦手ですか? 新人の頃の私は、プレゼンの時に緊張して声がワントーン高くなってしまったり 何をどこまで話したか忘れ …

神田明神に初詣に行ってきたよって話

みなさまこんにちは。 高橋 聡です。 神頼みは、重要です。 重要なのでもう一度。 神頼みは、重要です。 WEBプロモーションを実施していく上で、想定外なことがたくさん起こります。 順調な時はいいのです …

そのオールドドメインで決めちゃって大丈夫?

こんにちは。 WEBディレクター髙橋です。 新期が始まるタイミングの4月リリースに向けて、続々と新サービスが企画・製作されているかと思いますが、新サービスのドメインどうしようか?と迷ったりしませんか? …