WordPress

[2016/2/26更新]WordPressプラグインあれこれ

投稿日:2015年11月15日 更新日:

ワードプレスのプラグインって何を入れればいいの?と迷うことがありますよね。
とりあえず、これを入れて置けばいいってプラグインを紹介します。
私がディレクションするサイトに実装されているプラグインです。

WordPressにはこれを実装すべし。厳選プラグイン

TinyMCE Advanced

TinyMCE-Advanced
WordPressのビジュアルエディタってデフォルトではフォントの大きさを変更したり、アンダーラインを引くことができないんですよね。

すげー困ってました。

WEBディレクターって編集担当でもあるので。

で、今まではカスタマイズして使えるように追加実装していたけど、TinyMCE Advancedを見つけてびっくり。
追加実装しなくても、プラグインを追加するだけでフォントの大きさを変更したり、アンダーラインを引くことができるようになるじゃないですか!

最近で最も感動したプラグインです。

Akismet

コメントやトラックバックの内容をサーバーでチェックしてくれるスパム対策のプラグインです。
スパム対策は必須なので、入れることをおススメします。

All In One SEO Pack

ALL-in-One-SEO-Pack
SEO対策用のTDKが簡単に入力できるWPのプラグインです。
OGPの設定もできるから便利。
OGPとは、ソーシャルメディア、例えばフェイスブックでURLを入力した時に、自動的にタイトルや写真画像が表示されますよね。
このOGP(Open Graph protocol)情報を引っ張って表示させているのです。

Contact Form 7

お問い合わせフォームのプラグインです。
お問合せフォームをイチから作らないで済むから効率的です。

Easy FancyBox

写真をクリックすると画像が拡大されるプラグイン。
文字より写真の方が訴求効果高いので実装してます。

Fancier Author Box

複数のライターがWEBメディアに入稿する場合に必要なプラグイン。
プロフィール欄を変えることができます。

Google XML Sitemaps

GoogleクローラーにXML Sitemapsを認識させるために必須のプラグイン。
WEBディレクターなら必ず実装すべし。

Jetpack by WordPress.com

訪問者の統計情報、画像配信の高速化プラグイン。
ちょっとクセがありますが、入れた方がいいと思います。

Quick Cache

WordPressのページ表示速度を高速化できるプラグイン。
表示速度によって離脱率低減効果が期待できます。

WordPress Popular Posts

サイドバーや、記事下などに人気記事を表示させられるプラグイン。
人気記事を表示させることで、更に人気記事が読まれてWEBサイトが活性化します。

WP Multibyte Patch

デフォルトでインストールされていて、マルチバイト文字に最適化してくれるプラグインです。
デフォルトなので、外さないようにそのままにしておけばOK。

The following two tabs change content below.
デジタルマーケティングプロフェッショナル。 美容医療業界を中心に、ネットからの来客数(EC、リアル店舗)・採用数を増やすデジタルプロモーションを担当。 法学部出身で業法対応(薬機法・景表法)のプロフェッショナリスト。 手がけたWEBディレクション数は350サイトを超える。 現行サイトを鋭く分析し、的確なUI/UX改善でグロースハックさせてきた。 コミュニケーション力に定評があり、小規模案件から大規模案件まで幅広く対応。 スクーで登壇実績あり。





-WordPress
-

執筆者:

関連記事

【WP】SEO対策として効果的。Pingの送信設定方法とは

みなさまこんにちは。 WEBディレクター、高橋です。 記事を作ったら、沢山の人に読んで欲しいですよね? 今回は、沢山の人に新着記事を読んでもらうために設定しておきたいPing送信の設定についてお話しさ …