PDCA

【2018】現役Webディレクターが選ぶ!ヒートマップおすすめまとめ

投稿日:


みなさまこんにちは。
高橋聡です。

ヒートマップどんなの使っているの?
とよく聞かれるので、今回は使ったことがあるor触ってみたことがあるヒートマップをご紹介。
触ってみたいツールも紹介させて頂きます。

Ptengine

Ptengineはもう、使いまくりです。
『まずはヒートマップ入れるとしたらどれがいい?』
と聞かれたら最初にPtengineの名前が出てくると思います。
とりあえずヒートマップってどんなツールなのか知ってもらう上でもPtengineを勧めてます。

おすすめポイント
・無料プランがある
・見やすい、分かりやすい

URL
https://www.ptengine.jp/

Clicktale

Clicktaleも良く使います。
『有料版でヒートマップいれるとしたら何がいい?』と聞かれたら
Clicktaleで間違いないですよね。
信頼性という観点から、特に大手企業で導入されています。
大規模サイトにヒートマップを導入するなら、最初からClicktaleを導入しておいた方があとあと他のツールからClicktaleに入れ替えることを考えたら効率的だと思います。

おすすめポイント
・見やすい、分かりやすい

URL
https://www.ctale.jp/

使ってみたいヒートマップ

Mousflow

ディレ界隈で最近Mousflowを導入する話が出ているので、触ってみたいツールの一つ。
無料で始められるのが魅力的。

おすすめポイント
・無料プランがある

URL
https://mouseflow-jp.com/

SiTest

今回最も気になっているツール。
A/Bテストができるのは魅力的。
しかも無料プランが他のツールより充実しているので
次回ディレクションするサイトにはSiTestを導入してみようと思います。
リリースしたてのサイトにいきなり有料プランのツールを導入するのはリスキーなので
まずは無料プランで数か月~1年間は試したいのがホンネです。

おすすめポイント
・今回おススメのなかで無料プランが最も充実している
・A/Bテストができる

URL
https://sitest.jp/

いかがでしたか?
PDCAサイクルを回すために、サイト分析は必須。
サイト分析をするためにヒートマップ導入はスタンダードな取り組みになってきました。
ユーザーがページのどこまで見てくれているか把握するのは重要なこと。
まずは無料のヒートマップツールを入れてみてはいかがでしょうか?

サイトマップを入れて満足する担当者が多いので、定期的にサイトの状況を把握してくださいね!

The following two tabs change content below.
デジタルマーケティングプロフェッショナル。 美容医療業界を中心に、ネットからの来客数(EC、リアル店舗)・採用数を増やすデジタルプロモーションを担当。 法学部出身で業法対応(薬機法・景表法)のプロフェッショナリスト。 手がけたWEBディレクション数は350サイトを超える。 現行サイトを鋭く分析し、的確なUI/UX改善でグロースハックさせてきた。 コミュニケーション力に定評があり、小規模案件から大規模案件まで幅広く対応。 スクーで登壇実績あり。

最新記事 by Satoshi Takahashi (全て見る)

-PDCA

執筆者:

関連記事

PDCAサイクル

PDCAはもう古い!これからのPDCAのあるべき姿とは?

こんにちは。 高橋聡です。 今回はPDCAサイクルについてお話させて頂きます。 なぜ、PDCAがうまく回らないのか 「PDCA」回すぞ!と息巻いてたのに失敗した原因を探ってみたいとおもいます。 例えば …