マーケティング

運用型広告とは

投稿日:2017年2月24日 更新日:

こんにちは。
高橋聡です。

本日は運用型広告についてあなた一緒に学んでいきたいと思います。

運用型広告とは

『運用型広告』とは、リスティング広告やディスプレイ広告、リターゲティング広告など流動的に広告掲載ができる広告のことです。

今までは掲載期間を定めて掲載枠を買う固定型広告が主流でした。

固定型広告のデメリットは、掲載する媒体を決めて、期間を定めて掲載するため数ヶ月単位で枠取りをするのが主流でした。

しかし、現在はGoogleアドワーズなどで1日から掲載することができるため、柔軟に掲載、非掲載を選べる運用型広告が主流となっています。

例えば、土日は圧倒的に広告効果が悪い場合は広告非掲載にするなど、予算を効率的に使うことができます。

分析力と運用知識、経験が問われる運用型広告

ただし、運用型広告にもデメリットがあります。

運用型広告という名前だけあって、広告を運用する必要があるため、分析力、知識、経験が問われます。
固定型広告の場合、掲載媒体力によってある程度広告効果が見えました。

しかし運用型広告は仮説設定、データ分析、改善、改善内容を反映。という一連の流れを高速に実施し続けないと広告として高い効果が見込めません。

今後運用型広告はどうなるか?

運用型広告の重要性は確実に増すことが予想されます。

今まではサイトの制作が重要視されてきましたが、制作よりも運用こそが重要であることが世界的に理解されてきたと言えるでしょう。



The following two tabs change content below.
デジタルマーケティングプロフェッショナル。 美容医療業界を中心に、ネットからの来客数(EC、リアル店舗)・採用数を増やすデジタルプロモーションを担当。 法学部出身で業法対応(薬機法・景表法)のプロフェッショナリスト。 手がけたWEBディレクション数は350サイトを超える。 現行サイトを鋭く分析し、的確なUI/UX改善でグロースハックさせてきた。 コミュニケーション力に定評があり、小規模案件から大規模案件まで幅広く対応。 スクーで登壇実績あり。

-マーケティング
-

執筆者:

関連記事

マーケティングとは?

こんにちは。 高橋聡です。 Webマーケティングを体系的に理解するため 今回は、マーケティングについてあなたと一緒に学んでいきたいと思います。 主に参考とさせて頂いているのは平野平野敦士カール著「マー …